「はじめてのワーキングホリデー」ではワーキングホリデーを夢見る人を応援します!

 

はじめての

ワーキング

ホリデー

 

 

■ワーキングホリデーとは

 

■事前準備

 

■よくある質問

 

■TOP

 

 

 

カナダ

●生活しやすい

カナダ人は優しく親切。治安もよく、住みやすい。

●アウトドアが豊富

夏は乗馬やハイキング、冬はスキーやスノーボードが楽しめます。カナダの雪質のよさは世界でも有数。初心者もベテランも楽しめる代表的なレジャーです。

●アメリカに近い

ワーキングホリデー制度がないアメリカにも気軽にいけます。野球やバスケットなどのメジャーリーグのチームはカナダにもあるので、本場スポーツの試合を間近で楽しめます。

カナダへのワーキングホリデー留学は、競争率が高く、募集が開始されるとすぐに定員が埋まってしまうほどです。毎年約5千人の日本人がワーキングホリデーに参加しています。とはいえ、現地でのトラブルには気をつけなければいけません。

カナダは世界でも珍しい、英語とフランス語を公用語としたバイリンガル国家です。
多くの移民を抱える多文化・他民族国家でもあり、こうした背景から生まれたマルチカルチャー研究や言語教育には人気が集まっています。


また映画産業やメディア産業が盛んで、コンピュータグラフィックスなどの分野では世界の最先端技術を学ぶことができます。そのほかカレッジで実践的なビジネスコースで学ぶ人も多く、観光国カナダらしくツーリズムやホスピタリティー、レジャー施設経営などの分野を学ぶ人も多いです。

滞在費目安
フラット 1週間:約7,000円〜13,000円(食事なし)
ホームステイ 1週間:約17,000円(食事つき)

●友達や知り合いと一緒に、2〜4名で共同で生活する家具付きのフラット(アパート、マンション)と、ホームステイが一般的。

●自由に生活を楽しみたいなら、フラット生活がおすすめ!

●親切で優しい人が多いカナダでは、ホームステイが人気。居心地のいいファミリーと一緒に楽しく生活しながら、英語力をアップさせられるのが魅力です。

 

カナダで働く

●自然豊かなカナダの田舎で、ファームステイにチャレンジ。周りはネイティブスピーカーばかりで最初はつらいけど、慣れれば英語漬けの環境に大満足。女性には、育児・家事手伝い(オーペア)も人気があります。

●主要都市では、お土産物屋や飲食店などでのお仕事が一般的。
夏の時期(4〜9月)の方がお仕事が見つけやすいです。

●観光立国・カナダでなら、旅行会社勤務やツアーガイドとして働くチャンスもあります。

●お土産物屋や飲食店などでのアルバイトは時給約600円+チップです。 住み込みバイトの多くはお給料の代わりに食事とお部屋を提供されます。

 

カナダで学ぶ

●学校へは6ヶ月まで通学できます。しっかり英語を勉強したい方におすすめです。

●カナダの英語はきれいで聞き取りやすいので、初心者の方でも安心です。

●英語教師資格を取得できるコースもあります。ワーキングホリデーでも帰国後役に立つ資格を取ることもできます。

●ボランティア先進国なので、色々なボランティアを経験できます。
(チャイルドケア、老人福祉関係、環境保護など)

 

カナダのビザ申請はタイミングが大切

カナダのワーキングホリデービザ申請は書類の“提出のタイミング”が難しいのです。ワーキングホリデービザ申請の時期は出発日の3ヶ月前ですがその3ヶ月前の日付前後1週間内のズレは受け付けられるのですが、それ以上になると書類は返送されてきます。書類提出の時期をうっかり間違わないよう気をつけましょう。

仕事の大きな募集をする時期もあり4月は観光・9月はスキーシーズンといったタイミングが重要です。

 

語学を学びたいならカナダ!?

英語に自信がない、という方にカナダのワーキングホリデーはおすすめです。ケベック州とニューファンドランド以外ではクセのない英語が話されていて英語が得意でなくても聞き取りやすいです。

また、カナダでは英語とフランス語が公用語となっているので全て表示は英語とフランス語の2カ国語です。ケベック州ではフランス語が話されています。本場、フランスよりも物価が安いのでフランスは手が出ない、という方にもおすすめです。

モントリオールなら英語も比較的通じるのでフランス語は1から、という方にはおすすめです。オーストラリア・ニュージーランドは就学の期間が3ヶ月までと決められていますが、カナダの場合は6ヶ月となっています。

語学学校で英語だけでは物足りないない人でも大丈夫。資格のとれるプログラムも豊富にありますので英語・資格しっかり勉強もがんばれる国なのです。

カナダビザについて

年齢 18歳〜30歳(申請書受理の時点の年齢)
条件

・カナダで休暇を過ごすことを目的とすること


・有効なパスポートを持ち、かつ往復切符を所持または購入できる資金を有すること


・(※下記参照)滞在期間中の医療費を含めた生活費を有すること


・カナダでの仕事が内定していないこと

滞在期間 ビザの発給から1年以内に入国し、滞在は入国から1年間
就学期間 6ヶ月以内
就労期間 ワーキングホリデー就労許可証の有効期限内であれば制限なし
申請受付時期 出発予定日の遅くとも3ヶ月前
ただし、それ以前にその年の募集人数の枠を満たした場合は、その時点で締め切り
ビザ申請方法

【申請用紙の取り寄せ】
・在日カナダ大使館からFAXで引き出すかホームページからダウンロード、もしくは郵送で請求


【申請方法】
必要書類を在日カナダ大使館へ郵送

申請料金

プログラム参加費

16,500円

必要書類

・チェックリスト


・ワーキングホリデーの申請書


・6ヶ月以内に撮影した45mmx35mmの写真2枚。


・パスポートの必要情報が記載されている頁のコピー(写真のついたページ)


・オリジナルのプログラム参加費(PPF)の振り込み控え


・ワーキングホリデー就労許可発給の通知書をEメールで受け取りたい場合は、その申請書


・ご自分の住所・氏名を記載し80円切手を貼った返信用封筒(12x23.5cm 定形最大サイズ)


・ワーキングホリデーアンケート用紙

※費用に関しては、申請の段階で証明書を提出して頂く必要はありませんが、入国の際に、当面の生活費及び、片道航空券で入国される方は、帰国に必要な旅費を持っていることを証明する必要があります。目安として最低50万円程用意されるようお勧めします。

●航空券


カナダでの滞在が一時的なものであることの説明として、往復の航空券をお持ちになることをお勧めします。もし片道の航空券で行く場合は、カナダ出国に必要な旅費を持っていることを証明する必要があります。

●医療保険


カナダで受ける医療費や歯の治療代は、全額参加者本人の負担となります。従って参加者は出発前に滞在予定期間をカバーする医療保険に加入しておく必要があります。

●健康診断について


【審査過程で健康診断が必要となる方】
カナダ入国予定日より見て、過去一年間に健康診断が必要とされる国や地域(カナダ市民権・移民省のホームページのリストをご覧ください)に6ヶ月以上滞在していた方及び、病歴、健康状態等から健康診断が必要と判断された方は、大使館指定の医師による健康診断を受けなければなりません。該当者は、申請の過程で大使館より診断を受けるよう要請されます。

【カナダに行ってから現地で健康診断が必要となる方】
カナダで下記のような職業に就く場合は、カナダの公衆衛生保護のため、その仕事に就く前に健康診断に通らなければなりません。最寄りのカナダ移民局に連絡を取り、その移民局の指示に従い健康診断を受けてください。

病院、医療研究所、養護施設、老人ホームでの雇用を含む保健サービス従事者、小・中・高等学校の教師ならびにその助手、その他低年令児を教える教師、家事手伝い、子供・老人・障害者などの在宅介護人、保育所職員など