「はじめてのワーキングホリデー」ではワーキングホリデーを夢見る人を応援します!

 

はじめての

ワーキング

ホリデー

 

 

■ワーキングホリデーとは

 

■事前準備

 

■よくある質問

 

■TOP

 

 

 

 

事前準備

ビザの申請方法


ビザ発給の用件や申請手続きは各国ごとにちがってきます。
例えば

・インターネットでしか申請手続きが出来ない国(オーストラリア、ニュージーランド)


・資金証明が必要な国(韓国、フランス、ドイツ、イギリス)


国によって「場所、時期、方法」が違います。当協会や各国の大使館のホームページ、書籍などで調べ、しっかり把握して、余裕をもって準備、行動するように心がけて下さい。

 

保険に加入しよう


ワーキング・ホリデーの対象国は比較的安全と言われている国が多いのですが、それでも油断は禁物です。事件や事故に遭わないためには、危険な場所には近づかない、荷物の管理はしっかりするなど警戒心を持つことが大切です。

そして、万一に備えて海外旅行傷害保険などに加入しておきましょう。 さまざまな保険会社の窓口のほか旅行会社や留学斡旋会社が海外旅行保険の窓口になっています。渡航先の医療事情や渡航期間などを考慮し、自分にあった保険を検討しましょう。

・フランスではビザ取得時に海外傷害旅行保険に加入していることを証明する書類の提出が求められます。


・ドイツの場合は歯の治療などにも適応される保険の加入が義務付けられているため、ドイツの保険に加入することになります。男性の場合は、日本の一部の保険会社に条件に適う商品があります。

 

情報収集をしっかりと

ワーキング・ホリデーに行く前にしっかりと情報を集めましょう。渡航先の様子を事前に知っておくと滞在中もスムーズに行動でき、無用なトラブルに巻き込まれる心配もなくなります。

 

資金は十分準備しておこう

海外で長期間滞在するには、先立つお金が必要です。現地へ行っても、すぐ良い仕事が見つかるとは限りません。少なくとも100万円ぐらいは用意しておきましょう。

 

その国の言葉をできるだけ身につけておく


外国で長期間生活をするためには、行く前にその国の言葉をできるだけ身につけておくことが大切です。現地についたけど何も話せない、わからないでは事故の原因にもなりかねませんし、可能性が狭められます。

 

仕事や学校には期間制限がある


ワーキング・ホリデーでは仕事をしたり、学校に通ったりすることが認められていますが国によって制限があります。規定を守らず強制送還などという最悪の事態にならないために各国の就労、就学の期間制限を知っておく必要があります。

 

 

pickup

日本郵便
http://www.post.japanpost.jp/
クリーニング 宅配
https://cloak.royal-cleaners.co.jp/

最終更新日:2015/1/16