「はじめてのワーキングホリデー」ではワーキングホリデーを夢見る人を応援します!

 

はじめての

ワーキング

ホリデー

 

 

■ワーキングホリデーとは

 

■事前準備

 

■よくある質問

 

■TOP

 

 

 

イギリスマーク

●憧れのイギリスへ

イギリスは物価が高め。でもアルバイトができるので費用を抑えて生活することができます。ロンドンやオックスフォードなどの憧れの街で長期滞在できるチャンス!

●いろんな国の人と関われる

ヨーロッパ各国出身の人が多く、インターナショナルな環境なので、生活の中で英語を身につけることができます。学校にも日本人が少なめなので、しっかり勉強できておすすめです。

●ヨーロッパ旅行を楽しめる

フランス、イタリア、スペインなど、色々なヨーロッパの国々を気軽に訪れることができます。

●英語の勉強に費やす時間もたっぷり取れる

語学学校にはフルタイムで6ヶ月間通うことができるので、英語に自信がない場合はまずはしっかり英語を勉強!

2001年からはイギリスでもワーキングホリデー制度がスタートし、今では毎年約400人の日本人がワーキングホリデービザでイギリスに渡航しています。 子供を同伴しない18〜25歳の方がビザ対象になりますが、30歳までならチャンスがあります。期間は最長で一年。ロンドンに滞在して、アルバイトをしながらイギリスの文化を体験、地方都市でのんびりとスローライフ…。あなたにあった留学を選んでください!

滞在費用目安
フラット 1週間:約7,000円〜13,000円(食事なし)
ホームステイ 1週間:約17,000円(食事つき)

●友達や知り合いと一緒に、2〜4名で共同で生活する家具付きのフラット(アパート、マンション)と、ホームステイが一般的。予算に余裕がある人なら、一人暮らしもできます。

●自由に生活を楽しみたいなら、フラット生活や一人暮らしがおすすめです。

●フラットを借りるには下見が必要なので、フラットを決めるまでの間ホームステイをする人が多いです。ロンドンなどの大都市では慎重にフラットを決める必要があるので、多くの人が1ヶ月以上ホームステイで過ごされています。

 

イギリスで働く

●飲食店やお土産物屋などでの、ショップでのアルバイトが一般的です。 ロンドンが最も仕事が豊富です。

●ロンドンでの飲食店やお土産物屋などでのアルバイトは時給約600円です。(都市や職種により賃金は大幅に異なります。)

●イギリスで給料は通常、小切手でもらいます。小切手はイギリスに銀行口座がないと換金できません。

イギリスで銀行口座を開設するのは外国人には一苦労なのです。身分証明書はもちろん、イギリスでの長期滞在、現住所を証明しなければなりません。この“住所の証明”は通常、公共機関からあなた宛に届いた住所入りの書類、例えば水道、電話料金の請求書などです。

ほとんどが間借りなのでそういったものを受け取ることはありません。ホームステイしながら学校に通えば滞在先の詳細がそのまま“住所の証明”となりますが何の準備もなく“ポン”と入国して生活を始めてしまうといつまでも銀行口座が開けないこともあるので注意してください。

 

イギリスで学ぶ

●短期間であれば学校でしっかり勉強できます。専門学校で資格を取る事もできます。

●イギリス英語は聞き取りやすいので、初心者の方にも安心です。

●本場でフラワーアレンジメントなど資格も取れます。

●文法は他の国よりも厳しいので英語の基礎からしっかり身につくと思います。また、イギリスはテレビのチャンネルが少なく、ニュースの再放送があるので何度も同じ物を目や耳にする機会が多くあり、いいリスニングの勉強になります。

 

イギリスワーキングホリデーは狭き門

イギリスのワーキングホリデービザを取得するのは狭き門です。ビザの申請時期は指定された短い期間内で行ないます。

また、発給される数はかなり少なく「誰でもいつでも行ける」というものではありません。応募方法としてはまず、大使館ホームページより年1回募集要項が発表されます。申請期間が短いので、速やかな応募手続きをおすすめします。

イギリスのワーキングホリデーを計画している方はまず、この短い申請時期を逃さないことが大切です。対象年齢は原則25歳までですが、例外に30歳まで認められる場合もあります。ビザ取得ができなかったときのプランも考えておいたほうがよいでしょう。

 

イギリスビザについて

※2008年の締め切りは終了しました。以下は2008年度詳細(参考)

年齢 18歳〜25歳(英国政府が認める場合に限り30歳まで許可されることがある)
条件

・有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金をもっていること。航空券は借り入れたものではなく、自己資金で購入したものでなければならない

・日本国籍を有し、2008年2月7日から2008年4月30日まで日本に在住していること


・最長1年、休暇を主な目的として英国に滞在する予定であること

・子供を連れて渡英しないこと

・英国滞在中、公的な資金('福祉')に頼らずに自分の生活、宿泊費用などがまかなえること

滞在期間 入国許可が有効となる当日から1年間
就学期間 短期間の就学は可能。滞在の大部分、あるいは全期間中のフルタイムでの勉強は不可
就労期間 細かい規定あり。詳しくは大使館のホームページで
申請受付時期 2008年2月1日まで
ビザ申請方法 2008年2月1日に届くように問い合わせ先へはがきで申し込む。
以下、記入事項
●名前(漢字とローマ字)●生年月日●住所●旅券番号、発行年月日、発行場所
●2008年2月7日から2008年4月30日までの昼間の連絡先電話番号
申請料金 £36相当の日本円
必要書類

・選考されたことを証明する大使館からの書面


・ 記入済み申請用紙VAF2


・ 有効なパスポート


・ パスポートサイズの写真1枚


・ 充分な資金があることを証明する銀行の通帳

・ 戸籍謄本

問い合わせ先 英国大使館YES2005係
〒102-8381 東京都千代田区一番町一

●イギリスについてはいろいろと細かい規定があるので詳しくは大使館ホームページにて確認してください。

2015/1/16 更新