「はじめてのワーキングホリデー」ではワーキングホリデーを夢見る人を応援します!

 

はじめての

ワーキング

ホリデー

 

 

■ワーキングホリデーとは

 

■事前準備

 

■よくある質問

 

■TOP

 

 

 

ここがおすすめ!フランス

おしゃれなイメージのフランスに憧れている人は多いでしょう 。1999年12月から実施されているフランスでのワーキングホリデーは人気が高く、ビザの発給数が550名と制限されているので、競争率が例年約6倍前後とかなり高くなっています。毎年ビザの申請期間が決まっており、申請から90日以内に大使館から審査結果が通知されます。審査基準についてははっきり公表されていませんが、フランス語の優劣は関係なく、確かな目的と意思が重要視されているようです。

フランスといえばグルメとアート。本場のフランス料理やお菓子作りを学んだり、芸術に触れるために 、ワーキングホリデー制度を利用する人も多くいます。また、週末などに少し足を伸ばせば、歴史ある数多くの観光スポットを訪ねることができるのも大きな魅力になっています。フランスは農業国でもあるので、乳製品や野菜・果物などの食べ物もおいしく、価格も日本より安いのが嬉しいところです。

 

フランスで働く

●就労と就学制限が特にないため、思う存分働いたり、勉強することができます。ただ、仕事が見つかったら、現地の労働管理局で一時的な労働許可を受ける必要があります。

●日系企業の事務職、日本食レストランのウエーターやウエートレス、免税店の販売員、ベビーシッターなどの仕事が比較的見つけやすいといわれています。

●フランス語初心者でも従事できる仕事もありますが、フランス語がある程度できれば、仕事の幅が広がります。大部分はパリでの仕事になるようです。

 

フランス語をマスターするには!?

フランスでは半分以上の人がフランス語しか話せないという統計があり 、英語はあまり通じないと考えていたほうがよいでしょう 。フランス語には日本語や英語にはない発音があり、文法もやや複雑で 、日本人にとって比較的難しい言語といわれています。できればフランスに行く前にひと通りフランス語を勉強しておきましょう。しかしフランス語が話せなくてもできることはたくさんあるので 、フランス語ができないからといってそんなに悲観することはありません。またフランス人は討論が好きで 、自分の意見を言わない人は主体性がない人とみなしてしまうので、間違うことを恐れず、単語を並べてでも積極的に話しましょう。そうすることでフランス人の友達も増えていき、フランス語の上達も早くなっていくでしょう。

 

フランスビザについて

年齢 申請時において満18才以上30才以下であること
条件

●子供同伴でないこと (ただし既婚・未婚は問わない)


●フランスに休暇としての渡航予定者であり、なおかつ仕事に就く意志のある者


●行きの航空券の所持者で、一年間有効のオープンチケット、もしくは帰りの航空券を買えるだけのお金の証明書を持っている者


●所持金が2500 ユーロ以上である証明書(トラベラーズチェックの購入証明書または銀行の残高証明書)


●健康である者


●以前にフランスへワーホリビザを取得していない者

滞在期間 フランス入国後12ヶ月間(ただしビザはヨーロッパ地域にあるフランス各県においてのみ有効。南太平洋諸島のフランス領等では無効です。)
就労期間 制限なし
就学期間 制限なし
ビザ申請書類請求方法

●郵送
住所、氏名を明記した角6サイズの返信用封筒に120円切手を貼り、ワーキング・ホリデー・ビザの申請書を請求する旨を書いたメモを同封する。

● フランス大使館HPからプリントアウト

● 直接フランス大使館に取りに行く
月曜〜金曜 9時から11時30分まで

必要書類

【論文申請】※下記参照

●日本語、フランス語、または英語のうちのどれかで記入した申請書
●パスポートの1ページ目のコピー(写真が記載されているページ)
●角6(162 X 229)の大きさの封筒に住所・氏名を記入し120円切手を貼ったもの

問い合わせ先 〒106-8514
東京都港区南麻布4-11-44
フランス大使館 ワーキング・ホリデービザ係
TEL 03-5420-8800 FAX 03-5420-8921

※フランスワーホリについては申請が2段階(論文申請で合格した人が初めてビザ申請できる形式)になっています。

※申請時より90日前後に審査の結果が通知されます。

Valuable information

最終更新日:2017/1/25