「はじめてのワーキングホリデー」ではワーキングホリデーを夢見る人を応援します!

 

はじめての

ワーキング

ホリデー

 

 

■ワーキングホリデーとは

 

■事前準備

 

■よくある質問

 

■TOP

 

 

 

ここがおすすめ!ドイツ

2000年12月からドイツとのワーキングホリデーは始まりました 。ドイツの場合はビザの発給数に制限がなく 、申請期間にも制限がないので、ヨーロッパのワーキングホリデー対象国の中では最も行きやすいところです。まだそれほどワーキングホリデーでの渡航者が多くないため、情報などが十分ではありませんが、比較的英語も通じやすいようです。デュッセルドルフやベルリン、フランクフルトなどは日本人も多く住んでおり、アルバイトも比較的見つけやすいので、はじめての渡航者はそのような都市を選ぶと安心でしょう。

ドイツといえばロマンティック街道やメルヘン街道などの 「街道の旅 」が有名です。山の上に建つ古城や、城壁に囲まれた中世風の街など見どころがいっぱい 。休日にはぜひ足を延ばして訪れてみてください。また美術館や博物館も充実しており、ヨーロッパの芸術にも存分に触れることができます。

 

ドイツで働く

●日本人向けの仕事としては、日本食レストランのウェイトレスやウェイター、お土産店の店員、日系企業での事務職、ファームでの農作業などの仕事など

●日本語の情報誌、日本食レストランや日系のショップにある張り紙、語学学校の掲示板、地元の情報誌などで探すのが一般的でしょう。大都市なら、労働局や中央労働仲介所などで紹介してもらえる場合もあるようです。

 

ドイツでの住まい

ドイツでは一般的に行われているアパートのシェア方式のことを「ヴォーゲンマインシャフト 」といいます。それぞれが大きなアパートのベッドルームを借り、バスルームやキッチンは共同で使うというものです。ひとりでアパートを借りるよりは、リーズナブルですが 、共同生活の部分はきちんと決まりをつくり、それを守るようにしなければなりません。

ワーキングホリデーでの住まいは、ホームステイや貸し部屋、 「ヴォーゲンマインシャフト 」などを利用するのが一般的です。ドイツの場合、ホームステイといっても食事なし、朝食付き、朝夕2食付きなど、いろいろなかたちがあり、食事が付かない場合はキッチンを借りて自分で調理しなければいけないので 、家族と交流が持てるホームステイというよりは、貸し部屋に近いようなイメージになります。

 

ドイツはエコ先進国

ドイツ人は環境問題に対する意識が高いので、ドイツで生活するにあたっては、水を節約する、ゴミをなるべく出さないようにするなどの心がけが必要。ドイツ人たちと共に生活すれば、環境問題に対しても、多くのことを学ぶことができます。

 

ドイツビザについて

年齢

18才から30才までの方(※1下記参照)

滞在期間 1年
就学期間 制限なし
就労期間 合計90日
申請書請求方法

・ 長野、山梨、静岡、新潟もしくは同県以東に在住している人は、在日ドイツ連邦共和国大使館(東京)の窓口で申請する。


・ 愛知、岐阜、富山もしくは同県以西に在住している人は、在大阪ドイツ連邦共和国総領事館(大阪)の窓口で申請する。郵送の場合は、住所・名前を明記したA4サイズの返信用封筒(160円切手を貼付)を同封して申請する。

申請料金 無料
必要書類

●申請書1部(総領事館で申請の場合のみ)
総領事館で用意されている通常のビザ申請用紙、英語又はドイツ語で記入


●写真1枚(横3.5cm、縦4.5cmで写真の顔の大きさ3.2cm〜3.6cm)


●パスポート
ビザの有効期限が切れた後、なお3ヶ月以上の有効期限が残っているもの


●往復航空券又は予約確認書(オリジナルのみ)
※なお、片道航空券の場合は、復路航空券分の資金として最低2,000ユーロの証明が必要


●預金残高証明書(※2下記参照)

●滞在期間をカバーするドイツの健康保険に加入した保険料支払済みの証明書

申請方法

必要書類を担当管轄の大使館、又は総領事館の窓口に提出する。ビザ取得の所要期間は約10日。

健康保険料の支払い済みが保険代理店より確認された時点でビザが交付されるので、保険の手続きを早く済ませていれば早くビザが交付される。その場合1〜2日で交付。(大阪・神戸の総領事館での郵送での申請の場合は必ず、昼間連絡の電話番号またはFAXあるいはメールアドレスを知らせる。所要期間は約20日)



問い合わせ先

●在日ドイツ連邦共和国大使館
(領事部受付時間:月〜金8:00‐12:00)
〒106-0047
東京都港区南麻布4-5-10(地下鉄日比谷線広尾駅下車 出口1より徒歩5分)

電話:03-5791-7700

Fax:03-5791-7773

E-mail:info@tokyo.diplo.de
http://www.tokyo.diplo.de

●在大阪神戸ドイツ連邦共和国総領事館
(領事部受付時間:月〜金9:00‐11:30)
〒531-6035
大阪市北区大淀中1-1-88-3501
梅田スカイビル タワーイースト35階(JR大阪駅より徒歩10分)

電話:06-6440-5070

Fax:06-6440-5080

E-mail:info@osaka-kobe.diplo.de
http://www.osaka-kobe.diplo.de

※1 ドイツへのワーキング・ホリデー・ビザの年齢制限についてドイツ側では『30歳まで』の解釈が日本と違い、30歳の誕生日当日が最終日ととらえているとのことです。 この件は従来とは異なり大阪のドイツ総領事館でも同様となりました。

※2 大使館(東京)と総領事館(大阪)では違います。提出先で確認しましょう。

recommend

Last update:2017/4/3